上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今の僕にできるのは、

ただ、わき目も振らずに走ること。

全力で走り続けるから……あなたの輝く、高みまで。











wasu.png 【忘れないで。/04.】












ユノを見送ってから、もう一台の車で後ろについていたマネージャーの車に乗り込んだ。


「どーだ?」
「全然足りません」
「まじか……どーする?開始時間、先方に相談してみるか」


難しい顔してうーんてうなってるけど、足りないのはそっちじゃない。
俄然足りないのは、そっちじゃなくて


「ユノヒョンの方です」
「は?」
「だから、ヒョンと過ごす時間が足りないんです」
「……あ、あぁ…そうか」


マネージャーはほっとしたようなそうでもないような苦笑いを浮かべて、カクカクとぎこちなく頭を縦に振った。
正しく伝わったらしい。


「ね、ヒョンと会えるのは何時間後?」
「お前な……ユノユノユノユノって自分の心配しろよ」
「何時?」


催促すると呆れたとばかりに目をぐるーりと回してため息をつかれる。
それからまた僕を見て二度目のため息をつくけど、詳細なスケジュールを教えてくれた。


「ま、テンパってできませんって泣きつかれるよりましか……で、お前の仕事の方はどーなんだ」
「大丈夫ですよ。なんせ目の前に御褒美がぶらさがってますからね」
「ユノユノ?」
「イエス!」


だけどマネージャーは眉尻を下げて口をごにょごにょ動かした。


「……や、……つべつだけど……」
「え?なんて?」
「部屋、……つべつなんだよ」
「部屋がなんですか」
「だから、別々なんだよっ!」
「ああ、そんなことですか」


僕の御褒美が少し遠くにいって、仕事へのやる気を失うとでも思っているのか。
ノンノンノン。
現状の関係性じゃ、あり得なくもない話だ。


「今日はホテル?いつものスイートでしょ。ヒョンとこにおしかけるから問題ないです」
「いや、」
「ジュニアスイート?」
「…………じゃなくて、自宅が……」
「マンション?え?」


……まさか。
それだとだいぶ話は変わってくる。

僕の顔色が変わったことに気づいたのだろう。
焦り気味に背中を撫でられた。


「……いやな、別ってもそんなに別々じゃねぇよ? 隣だよ、隣。
 ほら、お前は映画とツアー準備重なってハードスケジュールだったし、
 生活時間がユノとはズレてたからな。それに……」



もう、
マネージャーの声は耳に入って来なかった。



自宅が別々という事実。
つまり、一緒に住まないという選択をせざるを得なかったということ。
誰が。
チャンミンが。
なぜ。
一緒にいられなくなったから。
どうして。

前向きな理由だったとは考えられない。

そしてチャンミンの決断に、ユノは一体何を思ったのだろう。







「しばらく日記、読みます……。」


答えはここにしかない。


「……えっ、ああ、仕事だもんな」


マネージャーの声は少しホッとして聞こえた。
















数時間後、仕事の終わった僕はユノの部屋にいた。
















「あ、ヒョン!おかえりなさい」


鍵の開く音を聞きつけ玄関まで出迎えに出た僕を
ユノは靴を脱ぎもせず見ていた。


「お前、」
「ん?ほら、上がってください」


腕を取ると引っ張って促す。


「ああ……」


ユノは片方ずつ靴を脱いだ。
ぽいぽいじゃなくて、綺麗に。


「おつかれさまでした。」


そのまま腕を引いて抱き寄せると、
特に嫌がる様子もなくすっぽり収まってくれて、
実は緊張していた僕は、安堵する。

肩越しに見えた靴に、ユノがそうするようになった理由を考えた。
僕が小言を言いすぎた結果か。
もしくはチャンミンが言わなくなった故か。
または、



「マジで……」


耳元に降ってきた困惑気味の声に思考は中断される。

「?」

一緒に住むのかよ。
そう聞きたかったに違いないけど、ユノは続きを口にしなかった。
腕を緩めて顔を覗き込む。


「マネージャーと住んでたんですね、ヒョンは。僕もだけど。
 でも無理言っちゃいました。まるまる僕の荷物と入れ替えてもらったんです」
「……聞いた」
「勝手にごめんなさい。怒ってますか?」
「いや、そうじゃねぇけど……」
「けど?」
「お前は……それで大丈夫なのかよ」


上目気味に尋ねてくるユノ。
普段なら可愛さに内心で悶絶してるけど、
今のは……僕への不信や不安からくるものだ。


「当たり前です。むしろヒョンがいないなんてストレスで爆発しますよ」


…ニコリともしてくれない。

ユノにとって僕はまだチャンミンで、同居を解消するに至った弟で。
いくら大丈夫だと笑いかけても、一日じゃ一年は覆ったりしないのだ。
移動車の中で少しは昔の僕らに近づけたと思ったのに。










フイと視線が反らされて、ユノは僕をすり抜ける。


慌ててついていく僕。











だけどユノはすぐに立ち止まって振り返った。
下を見てから、僕の顔を見る。

その時のユノは、…こそばゆいのを我慢してるみたいな変な顔をしてて…
僕も釣られて視線を追いかけた。






そこには、




ユノの服の裾をしっかり握っている、自分の手があった。
お母さんに置いてかれそうになって必死にすがりついてるみたいな手。





「……!」





慌てて離す。
……まさか、無意識にこんな子供っぽい事をするなんて。

大人なのに。
ユノだって守れる、大人なのに。

恥ずかしくて、穴があったらとりあえず隠れたい気持ちだった。







「ったく………………んな顔されたら、抱き締めたくなんだろ?」







伸びてきた両手が、僕の頭を肩口にぐいって引き寄せて
わしゃわしゃーって派手に撫でてくる。



「ただいま。」
「ヒョン……?」
「まだ言ってなかったし」


急に甘ったるくなった耳元がこそばゆい。



「…おかえりなさい」



へなッとした声が出たせいか、くくくと笑われた。
必死な僕が可哀想になっただけで、むしろ呆れてるだけかもしれないし、
関係が元通りになったわけでもないけど、……僕のユノが見えた気がして……満たされる。






今くらい、…いいかな。



僕は、

そうっとユノの服を握り直して、

カラダも一緒にぎゅうってして、

首筋に鼻先を擦り付けて、




…ただ、




甘えてみた。












続く..

↓ランキング参加中です。楽しんで頂けましたらポチっと。励みになります!!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ユノさんの写真、たくさん露出がありましたね!!
マジでステキすぎて死にそうでした……なんでうちのユノさん、あんなにかっこいいんすかね…
…いえいえ、なんでは取り消します。
ユノさんがカッコイイ理由なんて…内面のふつくしさが滲み出ているからですよね。
チャンミン、鼻高々。高々すぎて今より高くなっちゃうよ。
赤い服着てないだけでカッコ良さ数万倍爆発じゃね?
やっぱり…ごめんね、ユノユンホが死ぬほど好きなんす。お帰りユノさん。待ってました。

たまらん。

好き。



スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2017.04.24(Mon) 19:39:40 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2017.04.24(Mon) 20:51:41 | | EDIT

ありがとうございます。

>チカ しゃsん
コメントありがとぅ~♪ 抱きしめたくてうずってするときあるよねーっ
行動にうつすのはなかなか勇気がいりますがwww ちかしゃんに最初に会ったら、絶対ハグから始めようって決めてたからww
初対面なのにwww じつはホテルのエントランスでッドキドキしてたのの遠い昔のようなw
彼らは離れていても、僕らに萌えを提供してくださって…神だ。最近は無宗教でなく東方神教だというようにしてますw

YUKA | 2017.06.25(Sun) 19:08:19 | URL | EDIT

ありがとうございます。

>nemomoさん
おひさしぶりです!!…ってほんと、更新頻度が低くて申し訳ありません!!
私もお話をかく前に読みかえさないと整合性が取れなくなるという罠にかかっております(笑)
よみづらさもあるかと思いますが楽しみにして下ってありがとうございます♪
またBIG企画が始まるようなので、そちらでもお会いしましょう!!

YUKA | 2017.06.25(Sun) 19:13:53 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。