上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tare.gif 【タレソカ学園高校/19.】






「ため息ばかりつかないでくれる?」
「ハァァァ~…」
「それ面白いわね」

1ミリも笑っていない副会長がスプーンを僕の口に運ぶ。
受け取ろうとしたらひょいと避けられた。

「またですか」
「スプーンの正しい使い方だもの」
「それ面白くないです」
「あらそう?」

1ミリくらい笑った副会長がもう一度僕の口の前に差し出す。
……。
……。
……。
視線での攻防。
20秒は粘った。
だけど…、副会長の瞳が悲し気に伏せられた21秒目、


           チャンミンの想い人を傷つけちゃいけない。


そう言い聞かせながら、今日も自己嫌悪を重ねるのだった。











図書館での出来事から、はや24日。
ユノを見かけることはあっても、話はできていない。

別に避けられているとか、そんなんじゃないと思う。

ただ、もともと会う機会がほぼなかったことに加えて、
僕の昼休みは、副会長との時間になったから。



さらに言えば、ユノに合わせる顔もなかった。
“浮気”するつもりは微塵もなくたって、結果的に“浮気”しているようなものなんだから。


救いがあるとすれば、そう思っているのは、僕だけなことだ。












「ねぇ、週末に映画見に行きましょう?」

スプーンの次に差し出されたのは雑誌。
一面には映画の宣伝。
可愛らしくネイルされた指先がとんとんとページを叩いた。
受け取って、パラパラめくる。
ファッション誌みたいだけど、知らない雑誌だ。

「楽しんできてください」
「恋愛映画に一人で行かせる気?」
「友達いないんですか」
「そういう意地悪言うの?」

雑誌から顔を上げると、声と同じ、悲しいを前面に押し出した表情が僕に向けられていた。
ハァ…もぅ!!
ため息つかないでとか言って、つかせてるのは副会長だ。

「11時に寮まで迎えに来てね」
「……。…考えてみま…、」


…ん?

丁寧に1ページずつ戻ってみる。
今、一瞬、ユノがいたような…


あー! いたっ!!やっぱりユノだ…!
…んー、なになに?

「REASEモデル…投票ランキング? O.Mさんリクエストのユンホ…君……」


親指と人差し指で挟まれた四角いイチゴショート。
あーん、するシチュエーションみたいだけど、ユノまで口、開いちゃってるし。
ってゆうか、フォークじゃなくて指でイクとか…
指先についたクリームまで舐めてごちそうさまする、ちょっとアダルティな流れを想定しているあたり


…スッゲーイイデスネ!!今度、シテもらおう…。







「気持ち悪いわ、その顔」

雑誌から顔を上げると、すっごく冷めた目が僕に向けられていた。

「自覚あるので問題ありません」
「そう…不愉快ね。返してちょうだい」

伸びてきた手をひょいと避けて、可愛いユノを愛でる。

きっと撮影のとき、キャッキャしながら恥ずかしがっていただろうなーとか、
(すげー見たかった)
カメラが向けられた瞬間、全力であーんして?ってしたんだろうなとか
(撮影後、羞恥に身悶える姿を見たかった)
そのあとの指…拭いてあげる担当争奪戦だったんじゃないかなーとか、
(僕の役目なのに)
そんなことを考え始めると、ユノの此処での仕事っぷりを間近で見てみたくなる。



リーダーという重荷を背負っていない、高校生のユノ。
どんな感じなんだろう…。



「ユノヒョンの撮影、いつなんですか?」
「なんで私に聞くの」
「だって、…ほぼ毎日会ってるじゃないですか」

僕は会えてないというのに。
副会長は雑誌を奪い返して、再び映画のページを開いた。
なんだか嫌な予感…

「誰か、この映画に誘ってくれないかしら~♪」


…こ、これは…声の大きな独り言ではないだろう。
タダで情報は手に入らないということか…
欲しいものと失うもの、それらを天秤にかけること十数秒。


「……僕も見たかったんです。」
「へぇ、そうなんだ。…で?」
「…………。チッ」
「ん?」
「あー、一緒に…行ってくれま…すか…」
「ええ、喜んで♪」

副会長は目的の言葉を引き出せて満足したようだけど
僕はまた一つ、罪を重ねたような気持ちになった。






「…で、いつ仕事してるんですか」

もう一度同じ質問を繰り返すと、副会長は再びユノが写っているページを開いて
『初登場から連続首位獲得!!』と書かれた部分を指差した。

「この撮影は毎月、第三土曜日にあるみたい。
 ランキングに入らないときは、行かないんじゃないかしら」

いやいや、ランキング落ちたことなんかないでしょう。

「このランキングの人たちは、みんな芸能人ですか?」
「知らないの? ティーンエイジャーで知らない人はいないのに…まぁいいけど。
 REASEはメンズ雑誌もあってね、そっちの読者モデルと専属モデルからエントリーしてるの。
 1年前に合同企画ってことで連載が始まったのよ」
「へぇ」
「この企画って1冊1票制なのね。だから自分の好きなモデルを1位にするためにみんな買うから
 売り上げが爆発的に伸びたらしいわ」
「1位になるといいことあるんですか?」
「圧倒的に露出が増えるわよね。つまり、世間への認知度が高くなるって感じかしら」
「ユノヒョンはずっと1位?」
「そうみたいね。私は、2位の彼。ジョンホ君を応援してるんだけど」
「ジョンホ…く……ん?」


隣のページで、胸元をはだけ、壮絶な流し目を寄越している男。
…僕の目の前で意味ありげにユノを抱きしめた…忘れもしない、
あのジョンホさんと同じ顔をしていた。



「ユンホ君を硬派とするなら、ジョンホ君は軟派。だから何かとスキャンダルが
 聞こえてくるんだけど、こそこそしない堂々とした感じがイイのよね」
「……。」
「大人びた雰囲気なのに、笑ったらできる笑窪が可愛いの」
「……。」
「モデルのほかに、バライティにも出てて、すっごく人気あって…」
「……。」
「…聞いてる?」
「……ええ。」




今でも胸の痛みを思い出す、瞼の裏に焼き付いて離れなかった映像。
もう、繰り返させはしない。




ガタっと派手な音を立てて立ち上がる。


第三土曜日は…
今週だ。







続く..

↓ランキング参加中です。楽しんで頂けましたらポチっと。励みになります!!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


『僕らの、』で登場したジョンホ氏。
覚えていらっしゃいますか? 私は読み直してああ、こんなだったって思い出した次第です←一応作者(笑)

最近の本家は…もう…
「ありがとうっっっ!!!」と全力で、両手を空に突き上げ、叫びたい気持ちでいっぱいです。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。