tare.gif 【タレソカ学園高校/18.】







「大切な人がいます」




今度はやんわりと、そして真摯な気持ちで、腕を引く。

副会長は宙に浮いただけになった自分の手を見て、それから
何度か長いまつげをしばたたかせたあと、じっと僕を見つめた。

僕はその瞳をまっすぐ見返して


「それは副会長ではありません」


一言一句、はっきり言葉にする。
副会長はお嬢様よろしく腹部あたりで手を重ねて、
背筋の伸びた美しい立ち姿のまま控えめに首を傾げた。



「本当だったみたいね…」
「え?」



何が本当?

「最低!!」とか
「弄んだの!?」とか
「なぜ付き合ったの」とか言われると思ったのに。
僕の顔に出ているであろう困惑は一切無視して、副会長は言葉を継いだ。
サラリと。

「記憶がないんでしょ?」
「…!」
「貴方の様子があまりにもおかしかったから、キュヒョン君に聞いたの」

さも当然の下調べとばかりに微笑まれても……
つか、キュヒョナ!
たしかに口止めはしてなかったけど!!

「もう1年になることも、覚えてないのね…」

ため息と共に吐かれた呟き。さらにビビる僕。

「い、いちねん…?」

激しくなる、胸の動悸。









中高生くらいの時って、彼女とか、彼氏とか、そういうものにちょっとした憧れを持つ時期だと思う。
だから流されて付き合った、なんてことはあり得るかもしれない。
だけど、1年も続いていたとなると、


それって…それって、マジ恋…?
チャンミンは副会長に惚れてた?



そもそも、これは本当に夢なのか。
今になって、そんな疑問まで湧き出してくる始末。

実は別次元の別世界で、ここにいたチャンミンと僕が入れ替わっていたりとか。

ってことは、僕のいた世界で東方神起をやってるのか…? 高校生のチャンミンが?
怖っっっっ!!どんな悲惨なことに……


…いや、とりあえずそんなSF思考は置いとこう。
重要なのは直面している今だ。




仮にチャンミンが副会長を好きだった場合、

        今ここで副会長と別れたら、チャンミンが戻ってきたとき、どうなる?











ふふ、という笑い声に、トリップしていた思考が戻ってくる。
副会長が白い手を口元に当てて艶やかに笑んでいた。

まるで、僕の迷いをイチからジュウまで知っているかのような笑み。


「それにしても、人って変わるものね。
 以前のチャンミン君とは全然違うけど……なんていうのかな…
 大人っぽくなったというか…自信を秘めているというか…」


白い手を僕の肩に置き、少し背伸びをして耳元に唇を寄せた副会長。
秘密を共有するようなひっそりとした声音で、それに、と言葉を継ぐ。


「記憶がないのに大切な人? 混乱しているのね。
 それとも彼の魅力にあてられちゃったのかしら。一過性のものよ。すぐに冷めるわ」


大きな瞳が優しげに細められ、
肩に置かれていた手は、襟元を撫で、心臓の上を辿り、背中に回される。
そして、


「貴方は私のことが好きだったのよ?
 私も貴方が好きよ。だから、これからも上手くやっていけるわ。
 新しい思い出を、一緒に作っていきましょう? …ね?」


柔らかな体がピタリと僕に重なって、
ふっくらした唇が寄せられた      









つやつやで綺麗な黒い髪。
透明感のあるなめらかで白い肌。
まっすぐに通った高い鼻。
長くて細い首筋。
華奢な肩。
甘やかな香り。
じわり伝わる体温。
弾力のある感触。


僕は女性が大好きだし、可愛いとも思う。
ただ、


髪が綺麗だから、触りたいとか、
滑らかな肌だから、頬を摺り寄せたいとか、
印象的な瞳だから、見つめていたいとか、
鼻筋が美しいから、見惚れてしまうとか、
美味しそうな唇だから、キスしたいとか、
一瞬頼りなく見えたから、その肩を抱き寄せたいとか、
匂いに引き寄せられて、欲情したりとか、
腕の中にある体温を、片時も離したくないとか、

そういう欲求が伴わないのだ。
僕を揺さぶるのは、いつだってどこでだって、…今だって、ただ一人。







それだけは分かっているのに、
僕は他人事みたいに見ているだけ。

だって、これは僕の現実じゃない。
チャンミンの現実だから。
僕には関係ない。
関係ないから、僕の意思を介在させちゃ、いけないんだ。




それは、僕の心と体に、重たい重たい鎖をかけた。









続く..

↓ランキング参加中です。楽しんで頂けましたらポチっと。励みになります!!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ユノさんのドラマ、キッスシーンでざわついていましたね!
正直、見たくナイデス。誰得って思っちゃう…。
だけど、ユノさんの仕事と割り切った直後のキャラの変わりよう!!ペンはみんな知ってるよね~。
だから安心してる。ユノのお仕事だもの、もちろん応援しますYO♪

個人的には…一方的に不特定多数に好意を向けられるけど、それらを蹴散らすユノさんが見たい(笑)
ドラマの中でもスーパーアイドル、そーゆうドラマもいいな~♪フルハウス2みたいな。

なにはともあれ、ぽつりぽつりとユノさんの姿が見られて、嬉しいです。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。