tare.gif 【タレソカ学園高校/13.】






「はぁ、満腹」

ユノはごちそうさまと両手を胸の前でペタリと合わせた。
僕も目の前の料理を皿の上から胃の中へ綺麗におさめる。

「そういえば、ヒョン。明日こそ休みなんですよね?」
「ん。」

コップを口に運びながら小さく頷いた。

タレソカ学園では5日間授業、2日間休みという周期で動いているらしい。
僕が夢の中で生活を始めてから今日で5日目。
よって、明日から2連休なのだそうだ。
普段のユノといえば、放課後は各部への顔出しやら生徒会の仕事やらで何かと多忙。
そのせいで僕がGETできたのは突撃で誘いに行ったお昼の時間だけ。
総代といってもイベントがなくちゃ出番はないし、この世界にも生徒会についても詳しくないから
ユノの手伝いさえできなくて……

つまるところ、僕はこの休みを待っていたのだ!


「じゃぁ、……なにしましょうか!」
「っぷ!ちょ、吹くかと思った」


こぼしそうになったコップを慌ててテーブルにおいて、手の甲で唇を拭う。
僕はそんなに可笑しなことを言っただろうか。


「何しましょうかって…なんだよ」
「ヒョンは2日間めいっぱいひたすらずーっと僕と遊ぶんですよ」
「はぁ?」
「なにしますか」
「俺、やることあるから」

はぁ?はこっちのセリフだ。
やることってなんだよ。

「さっき休みだって言ったじゃないですか」
「授業がな」

ユノは、すまん、とばかりにひょいと肩をすくめた。
……軽い!!
僕は…僕は高校生ライフを2人で満喫できると思って、楽しみにしていたのに!

「あー、そうですか。そうですよねっ。
 ユノヒョンには大切な用事がたくさんありますもんねっ」

ユノの都合も考えず我侭言ってるだけ?
……いや、それはそうなんだけど。夢の中でくらいいいじゃないか。
僕の夢は僕に意地悪なのか優しいのか、ホンっトわからない。
今は確実に意地悪だ。


「…………チャンミン?」
「…………」
「…………怒ってんの?」


待ちに待っていた僕の楽しみをひと言でポーィと遠くに蹴り飛ばしたくせに、
こんな時だけ空気を読んで心配そうにこっちを見ないでほしい。
何でも、“いいですよ、いいですよ”って許したくなるその顔、めちゃくちゃムカツク。


「全然怒ってませんよ。僕がもらえるのは1日1時間、お昼だけ。休みは0時間だったら5日で5時間。
 現実世界の1日分の半分…いいすぎだな。4分の1より側にいられる時間が少ないってどうゆうこと!?
 いえ、いいんです、いいんです。こっちの話です。ほんと全然っ、そんなの不満じゃないですよ。
 でも、突然始まった高校生生活だから普段できないことがヒョンとできるのかなとか、期待しちゃったりして。
 たとえばゆっくり散歩したりとか、カフェでお茶したりとか、映画見たりとか、ショッピングしたりとか、
 部屋に遊びに行ったりとか、くだらない話をしたり無駄にだらだら過ごしてみたりとか……
 もうそんなこと、全っ然っ、凹んだりとか寂しいとか、ハァ、微塵もこれっぽっちもありませんからっ…ハァハァ」


息継ぎを忘れていたらしく、途中で息が切れる。
そんな僕をユノは一転集中とばかりにじっと見ていた。
びっくりしてるとか、困っているとか、意図を探るようにとか、そういうのじゃなくて。
表現するとすれば、目がランラン?……とりあえず、何を考えているのか読めない感じ。
だから、



「………なんですか」
呼吸を整えながらそう聞くと、

「チャンミンて……」
ユノはテーブルに両肘をついて、チューリップ型にした両手の上に小さい顔をちょこんとのせた。

またしても「そんなキャラだと思ってなかった」とでも言いたいのだろうか。
でもユノが口にしたのは



「ほっぺがぷっくりしてて、可愛いなー」
僕の頬への感想で、

「それに、磨いたばっかりの真珠みたいにツヤピカしてる」
さわっていい?って興味深そうに目をぱちぱちさせて言ったのだ。


「!…だめです」


5日目にして、しかも今言うこと?!
僕がしゃべってる間それを考えてたのか!?
バラエティだったら演者が一斉にズッコケている。
唖然とする僕を気にする風もない。
マイペースっぷりは現実のユノより……絶対上だ。

なんだか不満を口にするのもバカらしくなって、ため息をつく。
すると、


「じゃぁ、明日は俺の予定にお前が付き合う?」


話が戻ってきた!
でも、じゃぁ、の使いどころが間違っている!!

そういえば、ユノには話があっちこっち飛ぶ…そんな癖があった。
仕事ではあんなにしっかりしてるのに、なんでだろうってよく思ったものだ。


「……言いたいことをその場で言うの、やめてもらえませんか」
「付き合わねぇの?」
「…………。」


僕の発言は、あれ?心の声だっけ?って疑ってしまうほどの完璧さでスルーしつつ
チューリップはそのままに、2択を提示して首を傾げるユノ。
その答えについては分かりきっている。


「そりゃー付き合いますけど」
「よし。じゃぁ明後日はお前に付き合ってやるよ」


今度はじゃぁの使い方、合ってる。
じゃなくて、


「今、何て? もう一回言ってください」


僕に付き合ってくれるって?
身を乗り出しながら聞き返すとユノは可笑しそうに笑った。


「だから、明後日はお前のやりたいことに付き合うって言ったの。何したいんだっけ?」
「………なんでも付き合ってくれるんですか…?」
「ああ。何でも」
「ふぅん、そうですか♪」


僕の顔を見て、ユノはちょっと複雑そうな顔をした。


「こないだみたいなことには付き合わねぇよ?」
どうやら、僕が一瞬頭に浮かべた映像に気付いたらしい。

「こないだみたいなことって、何ですか」
しれっと聞き返してやる。
こんなに人がいる場所では口にできないだろうし、いなかったとしても、高校生のユノには言えないだろう。
案の定、困ったように苦笑いを浮かべた。だから、


「そうですねぇ。なんでも発言、撤回してあげてもいいですよ?」
そう言ったら、

「お!チャンミン~」
ユノの顔がぱっと明るくなった。でも、

「……まぁ、男だったら一度言った事は撤回しないものですけど」
って言ったら速攻で曇った。


すんなり引き下がってあげるほど、大人な僕は優しくないんですよ?


「わかった。……何でも付き合ってやるよ」
「さっすがヒョン! ありがとうございます」
「……嬉しそうだな」
「もちろんですよ。“何でも”付き合ってくれるんですもんね~?」
「…う。で、できうる限りは……」


そう。優しくはないけれど、


「…冗談です」
「?」
「ユノヒョンと普通のことがしたいだけです」
「普通のことって、散歩とかお茶とか映画とかショッピングとか?」

僕のマシンガン不満、ちゃんと聞いていたらしい。

「そうです。でも、まだまだありますよ?」

両手を広げて指折り数えはじめると、ユノはきょとんとしてから、イスの背もたれに仰け反って盛大に笑った。





やっぱり屈託なく笑っている、幸せそうなユノが好きだから。

“何でも”を押し通せない僕なのであった。










続く..

↓ランキング参加中です。楽しんで頂けましたらポチっと。励みになります!!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



タレ学、一部の終盤ですかね。文章の言い回しでスランプ(?)そんなたいそうなものじゃないけど、
表現がうまくいかなくて悶々としてたんですよ。1話書くのに1カ月くらいかかってましたから(^^;
それでも納得がいかなくて、もうこれ以上絞り出ないところでの妥協作だったり(申し訳ない><)
コメントをくださった皆様に救われました!
今は自分的には回復した気がしています♪ だからかな、なんだか書くのが楽しい~v
楽しみに読んでくださるみなさま、本当にありがとうございますー!!牧場しぼり片手にwお付き合いください♪

さらに私事ですが、やっとブラウザによるフォントの差異…修正できました。
きっと皆さまのブラウザではMSPゴシックで表示されているはず!
Chromeでのおかしな明朝は回避されました!!ご迷惑おかけいたしました。

スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.03.23(Sun) 15:52:04 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.03.25(Tue) 15:57:21 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.05.09(Fri) 21:22:48 | | EDIT

ありがとうございます。

>ゆうきさん
激しくお久しぶりです(笑)。TREEコンはツイを追うのみとなり、TV神起を心待ちにしている今日この頃。
牧しぼの売り上げどうだったんでしょうね!?伸びたかなぁ。シークレットボックス応募しました(笑)
メイキングもひゃっほう!ってなりましたよねwってゆうか、むしろ 「Sweat」のリアルデート公開具合に、エイベの仕事っぷりに拍手しちゃいました♪はやくフルで見たい…

シングルのオフショ、私も見返しました!!ゆうきさんと同じく、チャミ様はノーマークすぎてww
おっしゃるとおり、今と昔…伸び率はんぱないですよね!オトナになったんだなって思いました(笑)
でもここまでセクシーな奥様に成長しようとは、あのとき誰が想像していたでしょう…
6月はテレビが楽しみですね♪るん♪

YUKA | 2014.06.01(Sun) 18:48:28 | URL | EDIT

ありがとうございます。

>バビコ さん
こんばんは!更新止まっていても遊びにいらしてくださっていたのですねー(T_T)ありがとうございます!!
まったくもう、元気にトンカツしてます(笑)最近は新大久保に週3で通っていましたwで、ホットクを食べて、店をぶらぶらしてトンの映像流れていると嬉しくなって満足するというww

「Sweat」♪ですよね、公開デート♪しかもダンスもセクシーでカッコイイし、ジャケットのユノさんの写真好きすぎて、もうあっぷあっぷしてます。
足の怪我はほんとうに心配でしたが…二人で乗り切ってくれて、本当によかったです。
もう安心してDVD化を待てます←早
ワールドツアーのアルバムお聞きになりました?これのDVD化も激しく所望しております。

タレソカ学園はなんだろう、自分のなかで二人の関係性の萌えどころがちょと変わったらしく、あんまりうまくいっていませんが、ご期待に添えるようアップもがんばります★

YUKA | 2014.06.01(Sun) 18:58:02 | URL | EDIT

ありがとうございます

>あやっちさん
こんばんは!ご無沙汰しております。更新もしていないのに、遊びにきてくださってありがとうございます~!!
忙しくはないのですが、タレ学の2人をうまくイメージできなくなり、止まっていました。
ですが、あやっちさんのコメントを拝見して、その日からまた書き始めました!!!
本当にコメント、嬉しかったです…ありがとうございます♪
楽しみにしてくださっている方がいると、やっぱり書きたくなりますね。
更新に向けてがんばります(≧▽≦)

YUKA | 2014.06.01(Sun) 19:04:27 | URL | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.07.06(Sun) 10:07:37 | | EDIT

ありがとうございます。

>ふぅ さん

こんにちは!ご無沙汰しております。
更新のない間に遊びにきてくださったようでありがとうございます♪
2回でも、3回でも楽しんでいただけるようなお話しをお届けできるように、妄想に励みますw
また遊びにいらしてください~ヤッホウ←

YUKA | 2014.09.29(Mon) 08:10:51 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。