上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tare.gif 【タレソカ学園高校/12.】





「……あの~、ヒョン」
「ぅん?」


口に入れようとしていたスプーンを直前でピタリと止めて
ユノが僕の方を見る。


口端には赤い汚れ。
さっきまで黄色い卵の上にあったのに、今はユノの口元で堂々とその存在を主張していた。
当の本人は気付いているに違いないのに拭わない。
きっと食べ終わったらまとめて拭けばいいとでも思っているのだろう。

どうしても気になる僕は腰を浮かせて手を伸ばす。
ナプキンでユノの口元を拭うと、照れ隠しなのか「やめろよ」ってちょっと恥ずかしそうに目を伏せて
止めていたスプーンをパクと口に入れた。
僕といえば、そんな貴重なユノを目の前にしているのだからニヤけそうになるけれど
尋常ではない数の視線が刺さっているのにも気づいているから、
顔の筋肉を総動員してポーカーフェイスを貫いていた。


こんな風にたくさんの視線に晒され続けること、じつは5日目だ。
1日目は言わずと知れた始業式。
あとはすべてここ、高級ホテルの結婚式場かと見紛うような煌びやかさを誇る学食にて、である。



初めてこの学食にユノと足を踏み入れたときのこと。
「「「「「……なぜここに!?」」」」」
その場の生徒達が、まるで居るはずのないものでも見たかのような顔を全員一致でしてみせたのだ。
学食に来るくらい普通のことだと思うのに……なんで?
僕の頭の中こそクエスチョンマークでいっぱいだった。
あとでこの光景をキュヒョンに話すと
「ユンホ先輩はめったに学食行かないから、皆ビックリしたんだろ」って。
じゃぁ、ユノがいつもどこでご飯を食べているのかと聞けば、「その辺は知らない」ということだった。


ほかにもある。
食事中に「これちょうだい」からはじまって、「これも」「そっちも」ってユノが僕の皿をつまむから、
「何で僕のばっかり食べるんですか」
「それがうまそうだから」
「じゃぁ、頼めばいいでしょ?」
「う~ん、でもお前の皿にあるのが美味しそうに見えるんだもん」
「だもんじゃないですよ」
「こっちやるから」
「ちょっと、勝手にのせないでください」
「いいじゃん」
「……まぁいいですけど」
「あはは。いいんだ」
って、たわいないやり取りをしていただけなのに、
気がつけば背中といわず四方から異様な視線が無遠慮に僕らを囲んでいた。
あとでこの光景をキュヒョンに話すと
「人の皿から取るなんて親しくないとしないだろ。いつの間にそんなに仲良くなったんだ?」って
ちょっと驚いていた。


そして昨日は、ユノが僕の向かいではなく、わざわざイスを寄せて隣に座ったことで、明らかなざわめきが。
びっくりする僕にも、周囲の動揺にも気付いているのかいないのか
完全スルーの方向でいただきますをするユノ。
「ん!美味い!!チャンミンも食べる?」
って無邪気に笑いかけるもんだから、「カップルシートかっ!」っていう周囲の声なきツッコミと
「羨ましいな、をい!」ってゆう嫉妬の声が聞こえたような気がした。
あとでこの光景をキュヒョンに話すと「ユンホ先輩は絶対何も考えずにやってるから」って
まるで慰めるようにそっと肩に手を置かれた。





ってな感じで今日に至るわけなのだが、

「いえ、そうじゃないんです」
「なにが?」

声をかけたのは、ケチャップがついてますよ、って言うためではない。

「毎日毎日、こんなに生徒の視線に晒されてるんですか?」
「俺が?」
「そうです」
「ははっ。なんだよ、気付いてなかったの?」
「何にですか」
「お前だろ」
「…はぃ?」
「見られてんのは」
「えっ!」

もぐもぐしながらユノは手に持っていたスプーンでひょいひょいと僕を指した。

「3年用の学食に1年がいるって珍しいし。しかも4日連続で」
「ええっ!?」

慌てて周囲をぐるりと見回す。
学年で色分けされたブレザーの縁取りの色は…赤、赤、赤。赤ばかりだった。



にんまりと笑う友人の顔が脳裏に浮かぶ。
…………キュヒョンめ。知ってたのに黙ってたな。
なにが「ユンホ先輩はめったに学食には行かないからな」だ。
注目を浴びまくっているのはユノのせいじゃなくて、1年の僕が3年の学食にいるからなんじゃないか。



「そーゆうの気にならないんだと思ってた」
「そんなわけないじゃないですか。可能な限り気配を消したいです」
「3年の教室にあんな堂々と4日連続俺を尋ねてきたくせに?」
「……あれも僕の所為だったんですか…」
「ざわつきっぷり、ハンパじゃなかったな~」

ユノはその時の光景を思い出しているらしく、くくくと笑った。


これもまた、キュヒョンに始まる。

携帯電話すらないこの世界で、どうしたらユノと連絡が取れるのかなと相談したら
「そんなの簡単。教室に行けばいいじゃないか」と、これまた当たり前の体で言うもんだから…

ユノと昼食を一緒にすべく、早速3年の校舎を教えてもらい、なんとか辿り着いたAクラス。
美しい彫刻が施されている扉をギィと押し開くと、広い吹きぬけのホールが目の前に広がった。

扉の一番近くにいた生徒が「えっ?」という怪訝な顔をして僕を見るもんだから、
「こんにちは」と爽やかを心がけて会釈をすると、
その声で僕の存在に気付いた生徒がこれまた「えっ?」という顔をし……
まるで伝染するかのように広がって、最終的にユノと目が合った。

ユノまで目をパチクリとあけて僕を見ると、次に周りの様子を見て、また僕に視線を戻し
笑いを堪えるように口元を歪めて「おう、チャンミン。」そう言った。

その時のざわつきようといえば……ちょっと後ずさりたくなる感じだったけれど
ユノの親しげな声に皆が驚いたのだと思っていた。

でも本当のところは、1年生が3年生の教室を訪れることは滅多にないことであり、
しかもみんなの憧れ、生徒会長様に会いに来たという僕の行動が原因だったのだ。
それに気付かず、昼休みになると速攻でユノを迎えに行っていた僕……



…………キュヒョンめ。これも気付いてて、行かせたな。
僕で遊んでいるとしか思えない。
もうユノ関連の情報は信用しないぞ、そう固く心に誓ったのだった。










続く..

↓ランキング参加中です。楽しんで頂けましたらポチっと。励みになります!!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


寝る時間を惜しんで、最高の姿を見せるために個人練習?ユノさん……(T_T)
そんなユノが本当に大好きです。
姿が見えないのは残念だけど、できるだけたくさん休んで、完治させてくださいっ!!
そしてチャンミンに世話を焼いてもらっているんだろうなと、不謹慎ながらニヤニヤしてるよ(笑)

そしてラジオ局様。ホミンのラジオ、日本語字幕つけて配信してくださいませんかね?
萌えがパネェ!!


さて、お話は一応<二部>開始です。
よろしければ引き続きお付き合いくださ~い!


スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.03.19(Wed) 16:47:48 | | EDIT

ウフフ

まさかのチャンミンKYでしたね(笑)
豪華な学園の雰囲気が伝わってきます。
学園内での二人の活躍を楽しみにしてます。

スカイ | 2014.03.19(Wed) 18:52:51 | URL | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.03.19(Wed) 22:43:49 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2014.03.20(Thu) 14:31:27 | | EDIT

ありがとうございます。

>Anneさん
こんばんは!コメントありがとうございます~!いつもということはよく遊びに来てっくださっているのですね~♪
嬉しいです(*^v^*)しかも大好きいただきました!Wでありがとうございます♪
タレ学は先行き見えない状態で書いているので、私も先が見えないのですが(笑)楽しんでいたけるよう
連載していきます!また遊びにいらしてくださいねー!

YUKA | 2014.03.22(Sat) 23:07:46 | URL | EDIT

ありがとうございます。

>スカイさん
いつも読んでくださて&コメントまでいただいて、ありがとうございます~♪
そうなんです。チャンミンさん、まさかの情報不足でありえないKYを発揮してましたw
KYはユノさんの役なのにね!(笑)でも、最強様のKYはガチですが、ユノさんのKYは技術なんです(笑)
豪華さ!伝わりました!?よかったです~>< この後も楽しんでいただけるように2人にも楽しく過ごしてもらいましょう!

YUKA | 2014.03.22(Sat) 23:12:04 | URL | EDIT

ありがとうございます。

>バビコさん
おお!またも!コメントありがとうございます~♪最高!いただきました!!恐縮です!!
そうですね、ハリポタに二人がw 大正解です!なんとなく、2人が普通の高校で過ごしてるイメージが
できなくて、超リッチな学校に通ってもらうことにしたのです(笑)
ユノさんの雰囲気感じていただけてなによりです。わたしもそんなユノさんが大好きー♪
続きも楽しんでいただけるように、張り切って連載します★

YUKA | 2014.03.22(Sat) 23:15:23 | URL | EDIT

ありがとうございます。

>ゆうきさん
こんばんは!いつも超楽しいコメントありがとうございます~♪ニヤついていただけて何よりでした(笑)
ゆうきさんの高校時代、薔薇のようだったのですねーっ!素敵~~!!ぜひ高校ネタ提供してくださいw
ちなみに私の時代(現在32ですv)はポケベルから携帯への移行期でしたね。両方未保持という罠!

リアルであったというチキン事件w本当に最近は萌えが半端なくて、ありがたやありがたや状態です!
だから、リリイベ落ちたって…横浜落ちまくったって…一般も悲しいアナウンスを聞かされたって…うう(T_T)
遅くなりましたが、ツアーたくさん参戦されるのですね!おめでとうございます~♪私はドーム2公演です♪
SomethingとSpellboundの掛け声は、もはや映像見すぎで完璧ですYOwwツアー初参戦。楽しみすぎ!
近年はおっしゃるとおり、ユノさんのパート多くてユノペンはウハウハですよねw
4thのDVD見てもユノさん少なくて、

ユノさん、入院してくれてよかったですよ。完璧に治療してくれないと、ツアーとか心配すぎますもの。
月曜日は列車の旅だから、ユノさんの足の具合…情報入ってきますかね。良くなっていますように…

YUKA | 2014.03.22(Sat) 23:27:20 | URL | EDIT

拍手コメントありがとうございます。

>きょうこさん
こんばんは!読みにいらしてくださったのですね~♪ありがとうございますv
学園のユノさんとチャンミンさんは、現実(【僕らの、】)とは立場が違うので、関連していると言いながら違和感バリバリだったらどうしようか思っていましたが、楽しく読んでいただけているようで、ひと安心です^^
ふたりのやり取りに個人的妄想萌えを放り込むという技で、わたしも書きながらウハウハしているのですw

YUKA | 2014.03.22(Sat) 23:31:56 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。