tare.gif 【タレソカ学園高校/04.】






目の前には、さっきまで後頭部しか見えていなかった生徒の顔が、ズラ〜リ。
1800×2の目が僕に向いていた。

夢の中でまで目立つことはしたくない、そう思っていたのに…






遡ること数分前。


「笑えない」

キュヒョンの肩にガシッと腕を回して、隠れるように顔を伏せる。

「ったく、ほんとユーモアのセンスないんだから」
「とりあえず説明しろ」

キュヒョンはムカつくほど気の毒そうに僕を見てから、親指で僕を、人差し指で舞台を指した。

「だーかーらー、お前が首席。つまり総代。俺の知ってる流れだと、あそこで挨拶して始業式終わり」
「…俺?」
「一人称変わってるぞ」
「何の挨拶?」
「抱負かな」
「総代として?」
「そうだぃ」

キュヒョンはまた巧いこと言っちゃった♪ みたいな得意顔をする。
いい加減イラっとしたから、ごちんと頭突きを食らわせてやった。

直後、素敵なアイディアが閃く。
辞退という名のスルーという手があるじゃないか!

「なー、キュヒョナ、」
「ユンホ先輩とお近づきになれるのに?」

そんな閃きなどお見通しだったようで、キュヒョンは頭をさすりながら
まるで準備していたかのようなひと言を僕に投げかけたのだった。


くらっ(誘惑)
……(妄想)
YES!!(実践)


そんなわけで僕は今、舞台の中央でマイクを握っている。








講堂全体をぐるりと見渡してから、ひとつ息をついた。
ここに立った以上、やるなら完璧に。


僕は、広告写真を撮るときのような笑顔を浮かべた。
あとは謙虚になりすぎず、媚びることなく、自分を演出すればいい。

息を吸う。


『はじめまして、チェガン・チャンミンです。』

マイクを通した声が講堂に響く。

『僕は、学年の総代いう仕事に初めて携わります。
 至らないところもたくさんあると思いますが、
 みなさんの学校生活の充実と向上を図るために
 また、思い出に残る学校行事を企画運営できるように
 精一杯先輩方をサポートしていきます。
 頑張りますので、生徒会に応援とご協力をよろしくお願いします』

最後まで口にし終えてから、深めに頭を下げた。


顔を上げたら、シンとしていた講堂にざわめきと拍手が起こる。
挨拶は上手くいったみたいだ。



ヒョン、どうでしたか?

つい、いつもの調子で振り向いてしまうけれど、ばっちり目が合ったのは、ユノではなく僕の斜め後ろにいた副会長だった。
メガネの奥で大きく見開かれた瞳から驚きが伝わってくる。
たどたどしい挨拶でも想定していたのだろうか。

「マイク、お返しします」

差し出しながらそう声をかけると、我に返った様子で僕から目を逸らし

「…、ヨンシクさんの隣へどうぞ」

そう僕を促してマイクを取った。
副会長は僕と入れ替わるように前に出て話し始める。
連絡事項のようだ。

僕はといえばヨンシクなる人物が誰だか分からなくて、立ち位置で迷子。




「チャンミン、チャンミン」

聞き慣れた声が僕を呼ぶ。
トクンと鳴る、分かりやすい僕の心臓。
名前を呼ばれるくらい特別なことでもないのに、なんで今日に限ってこんなに反応するんだろう。


ユノが僕を手招きしていた。
冷静な頭が「そっちは違うよ」って言うけれど、僕の足は当たり前のようにユノへと向かう。

ユノの隣。僕にとっては慣れた立ち位置っけれど、明らかに副会長が指定した位置ではない。
普通に考えても、生徒会長の隣に1年の僕がいたら絶対おかしいし。
しかも高等部すべての生徒が見ている場所だ。上下関係を無視するような軽率な行動は控えてしかるべきである。

それを分かっていながら僕は全部を無視して、手招きされるままユノの空けてくれたスペースにおさまった。





「さっきのスピーチ、よかったよ」

僕が隣に立つなり、なぜか笑い含んだ声でこそっと囁かれる。
その理由はすぐに分かった。

「でもさ、お前…カッコイイくせに後ろがピコピコ跳ねてて…直す時間なかったわけ?」

ユノは僕の頭の後ろに手を回して、髪を梳いた。
その瞬間、恐ろしいほどにざわつく講堂。
全員の目が副会長を通り越して、僕らに刺さる。

普段なら短く返して会話を終わらせるけれど、なぜかこのときの僕はもっと会場を沸かせるような行動をとっていた。
具体的に言うと、ユノの耳元に唇を寄せてコソコソ話を続行するという、行為。


「ハネたいお年頃なので仕方ないんです」
「それは毎朝大変だな~」
「ええ、でも水をあげると素直になるんですよ」
「じゃぁ今朝は水やり忘れたの?」
「そうなんです。でも今は結構機嫌いいと思います」
「その割りには、言うこと聞いてくれないけど」


直しても頑なに元に戻る髪を引っ張って、ユノは笑った。
キラキラ。キラキラ。
そんな表現がしっくりくる笑顔。
ポロリと本音がこぼれていた。


「ユノヒョンが側にいるから嬉しくて…テンション上がった所為かもしれないですね」


まんまるになった目に僕が映る。

髪の毛の話だと思っているのか、僕の気持ちだって気付いているのか、
それとも僕がヒョンと呼んだことに驚いているのかわからなかったけれど、
すぐに、やさしいやさしい三日月形になった。

「なんか、チャンミンて……イメージ違うな」

ユノはそう言うと首を15度くらい傾けて、ぱしぱしと瞬きしながら僕を見つめた。




そのとき、神経質な声が割り込んでくる。

「ユンホ君。閉会の挨拶お願いできるかしら」

ユノの視線はいとも簡単にスッと僕から外れて、副会長に向いた。
綺麗な指がマイクを受け取ると、一歩前に出て会場を見渡す。


その瞬間、
ユノの中から僕が消えた     そんな風に感じた。





こんなこと、今まで1度もなかったのに。

そして思い知る。
これが、この世界における僕とユノとの関係なんだって。



誰にでも親切で、誰にでも優しくて、誰にでも笑いかける優しいユノの、“誰にでも”に当てはまる存在。
ユノの視界に入っているときだけしか、ユノの中に存在できない。そんな程度。

現実の僕がどれだけ特別扱いされていたのか…良く分かった。





     こんな夢、早く終わればいいのに。





ほっぺをつねったら、ちっとも優しくないこの夢から目覚めるだろうか…

僕は、右手を頬に伸ばした。








続く

»Read more...

スポンサーサイト
玄関のドアが開く音がする。

ユノだ。
時計は深夜の1時を過ぎている。
遅くなるってメールがきていたけれど、おかえりなさいを言うために待っていたのだ。

でも、ちょっとしたいたずら心が働く。
僕がソファーで寝入ってたら、ユノはどんな行動を取るのだろう…

テーブルにはワイン。
酔って寝ちゃったっていう言い訳にはもってこいだ。
だから目も口も閉ざすことにした。










ゆのみん企画/第45回 寝顔】











「チャンミナ~、ただいま…」

キィと音を立てて部屋のドアが開く。
僕が寝ていることに気が付いたみたいで、歩き方が抜き足差し足忍び足になった。
そのままユノの気配がどんどん近づいてきて、衣擦れの音がしたと思ったら、ちょっとだけソファーが軋む。
床に腰を下ろして腕を置いたのだろう。


僕の予想では、このあと
「チャンミン、寝てんの?こんなとこで寝てたら風邪引くよ」
って僕を起こそうとするけれど、当然起きなくて、
「もー、仕方ないなぁ」
とか言いつつ、毛布を持ってきてくれて、目覚まし時計もセットして、電気も消してくれて。
で、ユノが部屋に戻るとき、
「おやすみ」
って言いながら僕にキ、…じゃなくて、…えっと、えっと……うん、まぁ…そんなような展開になると思っていたのだけれど、
予想を裏切って、それっきりユノに動きはなかった。

どのくらい動きがないかというと、僕の体内時計ではそろそろ5分がたつ。



一体そこでなにしてるんですか。
薄目を開けて確認したくなった。








でもそのとき、


「……かわいいなぁ。子どもみたいだ…」


吐息くらい小さな声がした。
その言葉が意味するところを悟って、一瞬で顔が熱くなる。

なんで気が付かなかったのだろう。
ユノが何してたかって、僕がくだらないことを考えてる間ずっと、寝顔を見ていたにきまっているじゃないか。


羞恥プレイのナニモノでもない。


それなのに、さっきまでの沈黙が嘘のようにユノの独白が続くから、
すっかり起きるタイミングを失っていた。


「最近さ…めっきり大人っぽくなって、むしろ俺の兄貴みたいじゃん?
 ほんとしっかりしてるってゆうか…まぁ、昔からしっかりしてたけどな。それに磨きがかかって…
 だからかな。…甘えてくれなくなったのは」


触れているか触れていないか判断に困るくらいの緩さで、頭を撫でられる。
そして、


「…なぁ、チャンミン。………寂しいよ」


ユノはポツリと呟いた。
まさか、ユノの口からそんな言葉を聞くなんて…。


2人だけになってから、何でも独りでちゃんとしなくちゃって、そういう意識が高まったのは事実だ。
とはいえ僕としては、今も昔もユノを頼りにしているし、精神的にもユノがいてくれるから頑張れる。
そういうのは甘えているうちに入らないのだろうか。


「……ヒョン」


僕はゆっくりと目を開けた。
思ったより近くにユノの顔があって、ドキっとしてしまう。
ユノはユノで急に声をかけられて驚いたようだったけれど、すぐに申し訳なさそうに眉をしかめた。

「ごめん、起こしちゃったな」
「いえ、」

実は起きていて、話を聞いていましたなんて言えるわけもないから、濁したような返事になる。
だからツッコまれないうちにと体を起こして、ソファーに置きっぱなしだったユノの腕を引っ張った。


「床に座ってたら体冷えちゃいますよ」
「そうだな。でも、お前がソファー占領してたんじゃん」


ユノは笑いながらそう言うと、まだ着たままだったジャケットを脱いでソファーの背にかけ
窓に一番近い端っこに座った。



        甘える。



ユノの欲しい甘えるってどんなのだろう。
こぶし4個分くらいあいた距離を眺めながら考える。
考えてみてもすぐには答えが見つかりそうになかったから、とりあえず、この距離を詰めることにした。

体を寄せて…それからユノの腕の間に自分の腕を入れてみる。
ユノは、ん?という顔をした。


一般的によくあるであろう“甘える”行動を実践している自分…羞恥プレイ 2nd。
だけど、微かに触れたユノの手があんまりにも冷たかったから、指先をきゅっと握った。


「手、冷たいですね」
「あっためてくれるの?」

そう僕に聞いてきたユノの瞳が…
自分でこんなことを言うのもなんだけど、“愛しい”っていう言葉がそのまま宿った瞳で、つい魅入ってしまう。
そのせいで返事が遅れた。

「…そうです」
「ありがと。今日はいい日だなぁ~」
「何か良いことあったんですか?」
「チャンミンの寝顔が見れた」
「そんなのほぼ毎日見てるじゃないですか」
「見てるって言っても、そういう見るじゃないだろ」
「?」
「大っきくなったなぁとか、男っぽくなったなぁとか、そういう変化も含めてだよ」

さっきは可愛いとか子どもみたいだって言ってたくせに。

「それはありがとうございます。でも、もう大きくなってはいませんけどね」
「そうだな。これ以上身長が伸びられても困る」
「安心してください。これからもずっと、ヒョンより高いままですけど」
「…お前、むかつくな」
「それは僕の台詞ですよ。人の寝顔を観察するなんて趣味がいいとは思えませんね」
「でもさ、見られてるほうは寝てるんだから、バレないだろ?」

ニヤリと片方の口元を上げて笑ったユノに、ドキリとした。
…やっぱり、たぬきねいりだって気づいていたのだろうか。
そんな気がしてきた。





「風呂入ってくるから、先寝てろ」

ユノは立ち上がると風呂場へ向かおうとする。
僕は反射的にユノの手を掴んでいた。

まだ“甘える”を実践していない!


「どうした?」

不思議そうに首を傾げて僕を見下ろす。
どうしたもこうしたも、こうしようと考えて手を掴んだわけじゃないから、答えようがない。
それでも何か言わなくちゃと思って、口をついて出た言葉がこれだった。



「ヒョンの部屋で寝ててもいいですか」



しん。
沈黙が降りる。
…羞恥プレイ 3rd。

ユノは僕からそんなことを言われるとは思っていなかったみたいで、目をしばたたかせる。
ちょっとどころじゃなく恥ずかしくなって、思わず目を逸らしてしまった。
「チャンミナ、おいで」って僕を誘ってくれるのは、いつもユノだ。


「ほら、明日は現場同じだし、起きる時間も同じだし、えっと、ここからの距離も同じだし…」


ここからの距離ってなんだ。意味がわからない。
脳を経由しているとは思えない言い訳をしどろろもどろに口にしていたら、わしゃわしゃと頭を撫でられた。

顔を上げると屈んだユノの顔がすぐ近くにあって、僕の唇に唇が重なる。
ここも手と同じ。ひんやり冷たかった。


でもすぐに離れてしまう。
思わず追ってしまいそうになるけれど、それより早く、囁くようにユノは言った。



「じゃぁ、ベッドで待っててくれる?」



視線が交わる。
まるで、続きはそこで、とでも言うような艶っぽい笑み。
僕はこくこくと頷いて、掴んだままだったユノの手を離した。












「あ…。おかえりなさいって言いそびれた」

ドアの向こうにユノが消えてから、そのことを思い出す。

それを言いたいがために待っていたのに。
でもまぁいいかと思い直す。おやすみなさいをする前に言っておこう。

ちょっぴり火照った頬を手の甲で冷やしながら
ベッドを温めておくという使命を遂行すべく、いそいそと寝室に向かった。



今度はたぬきねいりなんかせずに、ちゃんと起きて待っていよう。
そして明日の朝は、僕がユノの寝顔を眺めながらナイショの話をしよう。


そう決めて、僕はユノのベッドにもぐりこんだ。








..end


»Read more...

tare.gif 【タレソカ学園高校/05.】







始業式が終わったあと、僕はユノと話すことができなかった。
なぜなら、副会長が「ホールムールが終わったら生徒会室に来てください」とだけ冷ややかに言い残して
ユノを連れ去ってしまったから。

僕は力を込めてひねりすぎた頬をさすりながら、それを見送るしかなくて……








…で、僕は、教室という言葉で言い表してもいいのか悩んでしまうような部屋でホームルームに出て、
今、生徒会室の前にいる………というわけではない。
じつは、ホームルームに出たまではいいけれど、生徒会室に向かう途中で迷子になっていた。

『まっすぐ行たら右手に独立した洋館があるから。そこが生徒会の建物だよ』
そうキュヒョンは言っていたのに、そんな建物なんか見えてこない。
さっきから変わらない光景。だだっ広い芝生と宮殿みたいな建物が続くだけ。
しかも[1号館]とか[職員室]とか[生徒会室]とか、そういったネームプレートや敷地内の地図は皆無。
迷子に親切なサービスなど一切なかった。
景観にそぐわないものは設置しない方針に違いない。


「あー、もう。どこだよ!」


分からないまま歩いても仕方がないと思い直して、いったん立ち止まり、前後左右、
それらしい建物がないかじっくり眺める。
人っ子一人いない…と思われたけれど、遠くの方に赤い制服を見つけた。
生徒会役員だ!
ついていけば生徒会室に辿り着ける、そう思って全力で走り出したはいいけれど、
シルエットがはっきりしてくるにつれ、それが誰だかわかってしまった。


そんな人物、一人しかいない。
ユノだ。


始業式前の僕なら、とびつかんばかりの勢いで声をかけていたはずだ。
でも、思い知らされた事実が…僕の足を止めていた。

とはいえ、生徒会室に向かっている時点で、ユノに会いに行っているようなものなのだから
行動と気持ちの矛盾はよく分かっている。

だから、生徒会室に行かなければいけないという義務感を盾に僕は、
気づかれないようにユノを追いかけた。











向かう先に見えてきたのは、木々…というより森。
生徒会室はこんなところにあるのだろうか。
森のなかにあるだなんて聞いていない。


ちょっと不審に思いながらも進んでゆくと、重なり合った枝葉の隙間から降り注ぐ光を浴びる
これまた煌びやかな建物が見えてきた。
東屋を装飾してみましたといった感じだ。


その中に女の子が一人…

ユノはまっすぐ歩く。
そして…彼女の前で、立ち止まった。



まさか、あの子に会いに来たの?
…誰?
ユノの何?



もう一歩近づこうと足を踏み出す前に、ちょっと震えた可愛らしい声が聞こえてきた。
盗み聞きはよくないと思いながらも僕は、その場に身を潜ませて二人の様子を伺う。








「ユンホ先輩…」

ユノの名前を呟く彼女の瞳は、今にも泣きだしてしまいそうに潤んでいた。
そんな瞳を捧げられて、ユノはどんな顔をしているのだろうか。
すごく気になった。
でも僕からじゃ、ユノの背中しか見えない。


「手紙くれたね。ありがとう」
涼やかな声。

「…いえ、そんな…あの、来てくださってありがとうございます…」
胸の前で震える両手をぎゅっと握りしめる姿からは、ユノへの想いが十分に伝わってきた。
彼女の気持ちがよく分かるからこそ、僕の胸中も恐ろしいほどにざわめき立つ。

「君の気持は嬉…」
ユノがそう口にしかけたとき…彼女の顔がサッと曇り…
直後、まるでぶつかるみたいにしてユノの腕の中に飛び込んだ。





      !!


ユノに絡みつく華奢で白い腕。


     デジャブ。





心臓を握りつぶされたような痛みを感じて、歯を食いしばる。
目を閉じたい。
見ていたくない。

なのに、僕は目を瞑ることも、反らすこともしなかった。
たとえ目を閉じたとしても、瞼の裏に焼き付いて離れないことを知っているから。



彼女はユノにしがみついたまま、20cmは上にある顔を見上げる。
ユノは振り払わない。それどころか、平然と受け止めているようにすら見えた。


「すいません、あの、先に言わせてください!!
 私………ずっとユンホ先輩が好きでした。
 私のこと知らないと思いますけど、でもその分、私がたくさんたくさん、ユンホ先輩のこと好きだから…
 付き合ってくれませんか…?」
「君のことは知ってるよ。陸上の特待生だよね」
「はいっ!…嬉しいです…」
「でも、ごめんね。付き合うことはできない」


優しい優しいユノの声。
ずっと堪えていたのか、彼女の瞳からぶわっと溢れた涙が溢れ、静かに頬を伝った。


僕は…嫌な奴だ。
ユノの穏やかな声を聞いて、泣いている彼女を見て、ほっとしている。

でも、


「…………副会長とお付き合いされているからですか?」


彼女が涙も拭わずに発した言葉に耳を疑った。



   え、なんて?
今何て言った??

ユノが、…ユノが副会長と  
いや、そんなわけない。

   でも、そんなこと言い切れる?
…言い切れるわけがない。


格好良いのに可愛い、優しいのに頼りになる、人を幸せにする笑顔を持つユノ。
欲目でも何でもなく、モテる要素しかないじゃないか。

何より、この世界にユノを縛るものなんて、何ひとつない。





『付き合ってるよ。』





もしもそう言われたら、どうすればいいんだろう。
息をするのも忘れて、僕は次に飛び出してくるであろう言葉に怯える。






けれど、

ユノは肯定も否定もしなかった。









続く

»Read more...

 | Home | 

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。