上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「答えてください」

「……」

「僕が今、何を考えているか分かっているなら、答えてください」

「……わかるよ。わかるけど…」

「…許してくれますか?」

「チャンミン……」


真っ暗だった部屋がぼうっと明るくなる。
雲から月が出たらしい。


僕の意図を図りかねている、そんなユノの顔が見えた。














     【僕らの、/09-3.】













「どうやって僕をあしらおうか、考えてます?」

首筋に唇を落としてから、柔らかい耳たぶに口付けて囁く。
くすぐったそうに肩をすくめると、ユノは少し笑った。

「…なかなか鋭いな」
「僕だってユノヒョンの考えてることくらい分かりますよ」

でも、本当は分からなかった。
嫌なら殴ってでも止めさせるだろうユノが、僕の好きなようにさせている。
その理由が。

僕が正気に戻るのを待っているのか。
それとも、ちゅーがくせいレベルのスキンシップで終わると思っているのか。

ユノがそう考えているのなら甘い。
僕は、案外即物的な人間だったみたいだ。




はじめてしまった時から、


ユノに触れたい。

もっと触れたい。

知らないところも。

全部、全部。



あんなに色々なことを考えて、ぐるぐるしていたのに…



今はただ、それだけを考えていた。







顎のラインを辿るように唇を這わせながら、右手をシャツの裾からすべりこませる。

その瞬間、驚いた瞳が僕に向いた。
やっぱりキス程度で止まると思っていたらしい。
何にせよ、今、無粋な言葉なんて聞きたくない。

「お前…、」
「しー、…黙ってください」

ユノの唇を人差し指で制する。

まるで初対面の人間を見るかのような顔で見つめられて
笑ってしまった。

そのまま指先で唇を撫でながら、ゆっくり顔を近づけた。

「…んっ…」

唇を重ねる。
下唇を噛んで、舐めて、吸って、
ユノの吐息の合間に舌を探りに行く。
一瞬触れただけで逃げてしまったけれど、追いかけた。

腹部から上に向かって侵略中の手が伝える感触に、女の子みたいな柔らかさはない。
しっかりと筋肉がついた逞しい…男が憧れる体だ。
でも、指先で辿ると微かに震えるのも、手に吸いつくような肌も
僕を煽るのに十分すぎるほどに、いやらしい。



「はぁ…」


ちゅぷ、と音を立てて唇を離すと、ユノの唇は濡れていて、
僕がそうしたのだと思ったら…

妙に興奮してしまった。


「ねぇ、ヒョン…ばんざいして?」


シャツを胸元までたくし上げながら、首を右に傾ける。
もう一回だけちゅっと唇を吸って、お願いした。






そしたら、
妙に落ち着いた声で


「チャンミン…俺、男なんだけど」


当たり前のことを言われた。

僕をあしらいたいが為のひと言だとしたら、効果はてきめん。
ユノに触れて、気持ちが高ぶっているのは僕だけだと言われたような気がして…
胸がチクリと痛んだ。


「…知ってますよ」


僕にキスされて、触れられて、…何も感じていないのだろうか。
僕がしていることは、ユノのどこにも響かないのだろうか。
そんな不安が苛立ちに変わる。


「だからなんですか」


気持ちがそのまま声に出た。
でもユノの身体が硬くなったのに気がついて、すぐに後悔する。
ごめんなさいとばかりにシャツから手を離してユノの頬に触れた。

ユノはその手に自分の手を重ねて、僕を見上げる。


「さっき、言ってただろ?」
「何をですか?」
「…同性はあり得ないって…」


瞳が揺れた。


「…なのに、お前…俺相手に…できるわけ?」


目線が僕から反れる。


…もしかして、僕がそう言ったことを気にしていた?
ユノに対しても同姓だからありえないって。

だから自分が「男」であることと僕の行動との相違に、困惑しての言葉だったのだろうか。

だとしたら勘違いもいいとこだ。
ふだん無駄に鋭いくせに、たまに鈍感を発揮する。


「確かに性別は問題ですよね」


僕だって、ユノのことが好きって気づく前はそうだった。
同姓で好きだなんて、おかしいって。

でも、


「好きな人にできないわけないでしょう?」


そんなことも分からないのかとばかりの呆れ口調で呟いたけれど
さらりと口から飛び出した告白に、一人で動揺してしまう。

僕にとって…そんなに軽い言葉ではなかったはずなのに。



そうだ。

今日の僕はおかしい。さもなくば、やっぱり夢に違いない。


今だって、倫理とかスキャンダルとかこの先のこととか
どうなろうと、どうにかなると思ってしまっている。

けれど、これが夢でも現実でも、ユノの答えを聞くほどの勇気は持っていなかった。


「チャンミ…」


だから僕はユノの顔を見ずに
ただ、唇を押し付けて開きかけたユノの口を塞ぐ。

そしたら両手が僕の首に回ってきて、ぎゅっと引き寄せられた。



返してもらえるキスは、…やっぱり、気持ちよかった。











たっぷり吸った唇を離してから首に回された腕を解くと
そのまま頭の上にもっていく。

再びシャツに手をかけて脱がせようとしたけれど、
ユノに両手を掴まれた。

っと思ったら、そのままユノが体を起こすから、僕も上体を起こすはめになる。
ユノの膝の上に、跨っている状態だ。

僕の両手を開放すると、ユノはパジャマに手をかけた。
誰のって、僕の。
一番下のボタンから、プチ、プチ、と外してゆく。

僕はといえば、さっきと比べて…豹変とも言えるユノの態度に驚いていた。


「ちょ、ヒョン…?」


ユノを呼ぶ僕の声に反応してか顔がこちらに向くけれど
驚いている僕を見て、ユノは片方の口角をくいと上げて笑った。

男も女もコロっと堕とす、悪い顔。
そして僕に唇を寄せながら、甘ったるい声で囁いた。


「チャンミン…お前が脱げよ」


僕は脱ぐだなんて言っていないのに、どんどんボタンが外されていく。
最後のボタンに手をかけられたとき、我に返って言葉を発した。


「…こ、ここは公平にじゃんけんしましょう!」


苦し紛れに出た提案。
ユノの手が止まる。
僕はすごく、ものすごく、ほっとした。

しかもユノは


「いいぜ?」


自信あり気な顔で了承した。

でも気付いていますか。



「じゃぁ、負けた方がされる側でいいですね?」
「うし」



ユノヒョンは



「「 じゃんけん、ぽんっ! 」」



じゃんけん弱いって。



「なぁぁーっ!!」

言葉にならない言葉を発して、ボフっとベッドに沈んだのは
もちろん、ユノだった。



「はい、じゃぁ、続…」

頭を抱えていた手をぱっと外すと、ユノは指を3本立てて、僕に突き出した。

「たんま!! 3回勝負!」

ユノが必死すぎて、僕は笑ってしまった。
でも、

「負けを認めないなんて男らしくないですよねぇ」
「……」

首を傾げてにっこりしながらそう言うと
しょんぼりして指を引っ込めるユノ。
そして、


「にゃぁーぁぁーぁぁあー…」


再び言葉にならない言葉を発して、顔を覆った。





勝負を制したのは僕だった。










続く


»Read more...

スポンサーサイト
チャンミンとユノがちゅーがくせいレベルを超えたスキンシップを展開中。
ユノが受け手に回って進むお話です。苦手な方は要注意。
自己責任で閲覧をお願いいたします。

<追記>からどうぞ。




»Read more...

一歩進んだら、一歩分遠くなる。
三歩進んでも、三歩分また遠くなる。

進んでも縮まらない、それが僕らの関係。












     【僕らの、/10-1.】












目が覚めたらユノの腕の中に僕がいた。

…って言うと聞こえはいいけれど、
別の表現で言ってみれば、完全なる抱き枕状態。
ユノの半身が僕に覆いかぶさっていた。

重い…
いや、いいんですけどね。

にしても、昨晩こんな状態で寝たっけ?

360倍速くらいで昨日の出来事を再生してみても
僕が、ユノを腕に抱いて眠ったところで終了していた。


とりあえず僕に巻きついている腕をそっと持ち上げて体を起こし、
同じように巻きついていた足から自分の足を引きぬく。

身動きできるようになった体をもう一度布団のなかに戻して
自分の腕を枕に、ユノの寝顔を見つめた。


そして呟く。


「もっと、楽観主義でいたかったです。そしたら…」


今の気分は幸せいっぱいなものだったはずなのに。
手を伸ばせば抱きしめられるし、いつでもキスできる距離にユノがいるのだから。

現状をそのまま甘受しておけばいいものを
マイナスの方向に思考が傾いてしまう自分が嫌になる。










     ジリリリリ!!


7時を知らせる音に驚いて、ビクっと肩が揺れた。

ホントに毎朝心臓に悪い。
ユノの向こうにある目ざまし時計に手を伸ばして、その仕事を終わらせた。

録音機能付きがあったなら、絶対、もう速攻で買う。
ユノを言いくるめて、おはようメッセージを入れてもらおう。


「……チャンミナ…はょ…」

そうそう、こんな風にちょと掠れた色っぽい声で名前を…
って、ユノがうっすら目を開けて僕を見上げていた。
胸中が反映されたかのようなタイミングで、思わず“録音”の2文字が頭を占める。

思考がそっちに持っていかれすぎていたせいか、咄嗟に返した挨拶は

「おっは、ようございます」

変なところにアクセントがついてしまった。
そしたらユノはちょっと考えるそぶりを見せて

「…おっはー?どっかで聞いたことある…」

あくびをしながら、特に意味のないポイントを真面目に返してきた。

今朝も…ユノはユノだった。

僕は何を深刻に考えていたんだろうって、ちょっと心が軽くなる。




「さっ、起きますか…ってヒョン?」

体を起こした僕とは正反対に、ユノは布団がめくれて入ってくる隙間風を塞ぐように
掛け布団を引っ張って空気の入り口を閉じようとしていた。

「何してますか…」
「…埋めてる」

どう見ても起きる体勢ではない。まだまだ布団の気持ちよさを楽しもうという構えだ。
でもその行動がなんだか可愛くて、頬が緩んでしまう。

「昨日、エアコンをセットしといたので、部屋だってあったかいですよ」

事実、パジャマ1枚しか着ていない僕でも、寒さは感じない。
布団から抜け出しても苦痛はないはずだ。

「…ん~でも、あと5分…」

鼻が隠れるくらいの位置まですっぽりと自分を埋めることに成功したユノは
時間の延長を求めてきた。

まぁ、そんなにギリギリの時間ではないからいいけれど、

「ほんとに5分で起きるんですか?」

それが問題。
疑っている僕に、ユノは

「…オトコニニゴンハナイ」

一拍遅れての、棒読み回答をよこした。

絶対起きないな…

今ですら、ユノのまばたきは、目を閉じている時間のほうが長いというのに。
あと1分もすれば、二度寝に突入するだろう。

「よく眠れなかったんですか?」
「……」

そう言った僕に、ユノはチラリと目を向けたけれど、何も答えなかった。

微妙な空気の変化に戸惑う。
昨日の事を揶揄したように聞こえてしまったのだろうか。

僕の中で急速に大きくなる不安。

ユノは布団の誘惑なんかなかったかのような勢いで体を起こすと
こっちを見ずにくしゃりと僕の頭を撫でて、背を向けた。

そして、


「忘れとけ」


短くそれだけ言うと、ベッドから降りて寝室から出て行く。
ユノが起きてから、5分とたっていなかった。










…喪失感とはこのことを言うのだろう。
なんだか気が抜けてしまって…僕はベッドに倒れ込んだ。

ぼんやりと天井を見上げる。

いずれこうなることは、わかっていた。
暗闇でユノのぬくもりを抱いたときも、今朝目が覚めた瞬間にだって。

そのせいか、思っていたよりショックは大きくなかった。



再始動したばかりの僕らには、山ほどの取材やインタビュー、ラジオ、トーク番組が予定されている。
色恋沙汰の話題も出るだろう。

清廉潔白を貫いてきたユノだから
嘘をつかなければならないようなことはしない。
誤解を招く行動もとらないし、自分を応援してくれる人たちを悲しませるようなこともしない。

だからこそ、昨日の僕の行動が行き過ぎたものであったことを、十分に自覚していた。

ユノが「忘れろ」と言うのも当然のことなのだ。
ものわかりのいい良い子な僕は、それを受け入れて、何もなかったことにして、
これからもこの喪失感を繰り返してゆくのだろう。



けれど。

もう一人の、ユノが好きだと叫ぶ僕が
「それを受け入れてもいいの?」と疑問を投げかける。



僕はおもむろに天井に向かって手をかざした。
これは、ユノに触れた手。

指先で唇に触れる。
これは、ユノに重ねた唇。

掌を胸に当てて目を閉じる。
いつでも正直な心臓。

そして、思い浮かべる。
ユノのこと。


忘れることなんてできない。
なかったことになんかしたくない。

今や僕を構成するのは、頭のてっぺんから指の先まで、ユノへの想いなのだから。


「…いいわけがないだろ?」


そう。
何もせず、ただ受け入れていいわけがない。

ならば、僕のすべきことは、ひとつだけ。
体を起こして、ドアの向こうを見つめた。







続く


»Read more...

誰かが言っていた。

“現状維持は後退にしかならない”


進んでも縮まらない距離をゼロにするために僕は、
ユノに手を伸ばして、叫ぶことを選んだ。











     【僕らの、/10-2.】











ベッドから飛び降りて、バン!と勢いよく扉を開け放つ。
その音に、びっくりしてこっちを向いたユノと目が合った。


今日もユノは同じ位置に座っている。
大きめの窓に一番近い、ソファーの端っこ。
暖かい光をたっぷり浴びることのできるあの場所で、新聞を読むのがお気に入りらしい。
寝癖もついたままだし、普段と同じ、なんら変わらない光景。

変わったのは、僕の心境だけ。


ドスドスと音を立ててユノの前まで行くと、新聞を取り上げてポイっと床に捨てた。
宙を舞うでもなく、パサっと音を立てて床に落ちたそれをユノはしばらく見つめていたけれど

「……怒ってる…?」

困惑した様子で僕を見上げた。
僕はユノを見下ろす位置から強い口調で切り出す。

「そうですね。僕は今、死ぬほどムカついています」

本当は苛立っているわけでも、怒っているわけでもない。
そういうことにしないと、…みっともなく声が震えてしまいそうだったから。

「なんでか分かりますか?」
「……」

そう問うと、ユノの視線がゆっくり左右に揺れた。

きっとわかっている。
なかったことにするのが最良の選択なのに、なぜ僕が否とするのか
それを考えているのかもしれない。

唇が動き、何かを言いかけたようだったけれど、待つことなく僕は一気にまくしたてた。

「いきなりあんなことしたのは僕が悪かったって思います。
 忘れろって言った言葉の意味も、十分理解しています。
 でも、やっぱり…忘れろなんて、ヒドイです。
 僕が手放しに何でも受け入れると思ったら大間違いですよ。
 たしかに今までの僕なら、ユノヒョンがなかったことにしたいというのなら、
 その通りにしてたと思います。でも、今の僕にはできません。
 だから、ユノヒョンの気持ちを汲むのはやめました。主張することにします。
 僕は、」

途中で言葉が途切れそうになる。
心の内を晒すことへの迷いか恐怖か。

それでも、なんとか瞳に力を込めて、僕は言った。


「ユノヒョンが好きだから、」



……しかし。
あまりに頼りなく響いた自分の声に驚いて、思わず続きを呑み込んでしまう。

“なかったことにしないでください”

そう言おうと思っていたのに。
それから、昨日のこと、これからのことを向き合って話し合うつもりだったのに。

こんなんじゃ、構ってほしい、無視しないでほしい、愛がほしいと
切ない声で同情を買おうとしているようなものだ。

もっと毅然とした態度で言わないと!

そう思って試みるも、開こうとした唇すら震えていることに、今更気付く。


僕は……僕は、怖いのだ。
縮まらない距離をなんとかしたいと思っている反面、
気持ちを伝えきった結果、縮まるどころか拡がってしまったらどうしようって…
そんな不安に負けてしまう自分の心が、どうしようもなく情けないもののように思えてしまった。


急に鼻の奥がツンと痺れてくる。


悔しさなのか。
腹立たしさなのか。
悲しさなのか。
何なのか…


「…、っ」

視界が潤む。

涙というやつは、こんなときにばかりどんどん溢れてきて僕を困らせるのだから
本当にサイアクだ。

泣きたくなんかない。
それなのに意思の力ではどうすることもできなくて…ぽたりと大きな粒が床に落ちていった。




このとき、たぶん…強がっていた気持ちとか、僕を縛っていた理屈とか、そんなものが全部
涙といっしょに流れ落ちてしまったのだろう。

そうじゃないと、自分の行動に説明がつけられない。

僕は、小さな子供がするみたいに、めいっぱいユノに両手を伸ばして、




「抱きしめてくださぃ…」




そう口にしていたのだから。

溢れてくる涙でユノがどんな顔をしていたのか分からなかったけれど、
言い終わらないうちに、力いっぱいの腕に包み込まれた。


その瞬間、僕はこれが欲しかったのだと気付く。


この温かさを手放したくない。
たとえ、ユノの意思で与えられる温かさじゃないとしても。

僕は、ユノのシャツをぎゅうっと握った。










「チャンミン…」


何度となく僕の名前を呼んできた声。
その優しくて穏やかな声で「ごめんな」って言うのだろう。
抱きしめて、頭を撫でて、背中をさすって、急に泣き出した僕を宥める。

それで、終わり。

伸ばした手が届かなくても、叫んだ声を聞いてもらえなくとも
ユノに渡した僕の気持ちはもうユノのものだから。
それをどう扱おうとユノの自由だから。

その結果が、何事もなかったかのような日常を続けていくことであったとしても
ぜんぶぜんぶ、受け入れられる、そう思っていたのに…

…だめみたいだ。

次にユノから発せられるであろう言葉が、怖くて仕方がない。





しかし、ユノが口にしたのは謝罪ではなく、
僕にとっては信じがたい言葉だった。





「お前のこと愛してるよ」





その言葉が脳に届くまで、だいぶ時間を要したように思う。
そして生まれたのは、嬉しさでも感動でもなく、鈍くて重たい痛みだった。


“弟なんだから”


僕には、そう聞こえた。







続く



»Read more...

 | Home | 

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
ある日突然、ユノに恋をしました。
気付けば、チャンミンに構って欲しいユノと、ユノの側にいてくれるチャンミンの図に、萌えまくっていました。腐り具合は、きっとこれから進行してゆくのでしょう。

東方神起ありがとう!

「東方神起 RISE AS GOD」
「東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH」




素敵な画像をお借りしました。
ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。